お金の学習と私生活

お金03

お金を学ぶことと自分の生活を密接に考えてみることです。

お金を学ぶことは、自分の身の回りの経済システムと連携しています。

毎月の収入がどの程度で、どれだけの支出があるのか、ということを分析すれば、正しい数字を判断することができます。

これらの情報から冷静に数字のことを判断しておくことで、正確に情報を判断して、数字を見極めることができます。自分に合った方法で、生活の中でどのような金銭管理をしているのか、ということを見つめなおせば、賢い生活ができます。

この一つの方法に古くからある「家計簿」があります。これは、経営者でいうと、経理や会計に当たるもので、個人でどのような消費がされているのか、ということが一目でわかります。

どのような支払があり、何にどの程度の金額を使用しているのか、ということが分かれば、対応の仕方も広がっていきます。

きっちりとこれらの金額を数値化することによって、ある程度、生活でも金銭管理をすることができます。これらの数字について、冷静にとらえることによって、損失を減らし、きっちりとした管理をすることができるようになるので、ぜひ正確に分析するようにしておくことが望ましい対応といえるのではないでしょうか。

コメント